萎縮性膣炎(老人性膣炎)とは?その原因と病状や治療方法について

2023.11.29

  • フェムテック

  • 女性器形成

この記事を読んでいるあなたは

  • 萎縮性膣炎(老人性膣炎)の原因が知りたい
  • 萎縮性膣炎(老人性膣炎)はどんな人がなるの?
  • 萎縮性膣炎(老人性膣炎)になったらどうなる?

上記のように考えているかもしれません。

萎縮性膣炎(老人性膣炎)とは?

コラム37-4

萎縮性膣炎(老人性膣炎)は、膣や外陰部に炎症が起こる症状です。膣は自浄作用によって、常在菌とのバランスが保たれているため、雑菌や病原菌の増殖を食い止めています。ですが、その自浄作用が崩れると傷ができやすくなったり、膣炎が悪化することもあります。

萎縮性膣炎(老人性膣炎)の原因やメカニズム

女性ホルモンの生涯の分泌量

萎縮性膣炎(老人性膣炎)の原因は、簡単に言えば「エストロゲン(女性ホルモン)の分泌量が低下」することです。ここでは、萎縮性膣炎(老人性膣炎)の症状が現れるまでを順番に解説します。

①エストロゲン(女性ホルモン)の分泌量が減る

エストロゲン(女性ホルモン)の分泌量が減る原因として、

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 激しい運動
  • 過度なダイエット

など複数あげられます。しかし、エストロゲン(女性ホルモン)の分泌量が減少する主なタイミングは、更年期や更年期の到来でしょう。これらは、ほぼ全ての女性が経験する生理的な変化です。加えて閉経後はエストロゲン(女性ホルモン)が分泌されないため、次に説明する「膣が乾燥や萎縮」といった問題が起こりやすくなります。

<閉経について詳しいコラム>
閉経は何歳くらいから?セックスライフや更年期との関係性について解説

②膣が乾燥や萎縮する

エストロゲン(女性ホルモン)は膣の健康に大きな影響を及ぼし、

  • 膣内の分泌液を促進する
  • 膣壁や膣粘膜に潤いを与える
  • 膣壁や膣粘膜の柔軟性を保つ

といった役割を担っています。ですが、エストロゲン(女性ホルモン)の分泌量が低下すると、これらの役割がうまく機能しづらくなります。結果、膣内や女性器周辺が乾燥したり、萎縮するといったことが起こってしまうのです。

③膣に炎症が起こる

そうして膣や女性器周辺の乾燥や萎縮が続くと、膣内で細菌や雑菌が増殖し、炎症や細菌感染の危険があります。
また、女性の膣は通常、おりものによる自浄作用があるものです。増殖した菌を体外へ排出して、そうしたリスクから体を守っています。ですが、エストロゲン(女性ホルモン)の分泌量低下でこの自浄作用が弱まるようになるため、萎縮性膣炎(老人性膣炎)のリスクが増加します。
加えて、外部からの刺激に対して過敏になり、

  • 下着
  • 生理用品
  • 性行為

などが原因で膣内や女性器周辺に傷ができやすい状態です。炎症を起こしたところに傷ができることで悪化したり、長期化する可能性もあるので注意しましょう。

萎縮性膣炎(老人性膣炎)はどの年齢に多い?

コラム37-7

萎縮性膣炎(老人性膣炎)に「どんな年齢に多いのか?」「自分もなる可能性はあるのか?」と思う方もいらっしゃるでしょう。ここでは、萎縮性膣炎(老人性膣炎)を発症しやすい方について解説します。

更年期もしくは閉経後の女性に多い?

萎縮性膣炎(老人性膣炎)は通常、更年期もしくは閉経後の女性に多くみられていることから老人性膣炎とも言われていました。年齢的には50代以降の女性が発症しやすい疾患です。卵巣の機能が低下するもしくはし始める更年期女性の40%が萎縮性膣炎(老人性膣炎)の症状に悩んでいると言われています。
また、現代社会では寿命が延びているため、閉経後の女性がこの問題に直面する可能性が今後ますます高まるでしょう。

<更年期における性交痛について詳しいコラム>
更年期における性交痛とは?痛みの原因や対策方法について

若い女性にも発症が多い?

萎縮性膣炎(老人性膣炎)はかつて年齢を重ねた女性に多くみられていましたが、近年では20代や30代の女性も発症することが増えています。
具体的には、

  • 月経不順
  • 長期間にわたる授乳
  • 女性ホルモン減らす薬剤の服用
  • 喫煙
  • 卵巣摘出術
  • ガン治療後

といった場合に、若い女性でも萎縮性膣炎(老人性膣炎)を発症しやすくなるとされています。当てはまる場合には注意が必要です。

萎縮性膣炎(老人性膣炎)の主な症状

コラム1-1

萎縮性膣炎(老人性膣炎)は、

  • 不正出血
  • 黄色や褐色のおりもの
  • 悪臭があるおりもの
  • 性行為中の出血や性交痛
  • 膣や外陰部に不快感や違和感
  • 膣や外陰部にかゆみ
  • 膣や外陰部に熱っぽさ
  • 膣や外陰部に痛み
  • 排尿時の痛み

といった症状が現れます。こうした症状を自覚した際には、医療機関を受診するようにしましょう。痛みから性交渉を避けるようになったり、感染症発症の危険性が高まる可能性もあるためです。
また、黄色や褐色のおりものには子宮がんのリスクもあることに留意してください。

<おりものについて詳しいコラム>
おりものとは?疾患による色・臭い・量の異常や生理周期による変化を解説

萎縮性膣炎(老人性膣炎)の治療方法

コラム37-5

萎縮性膣炎(老人性膣炎)の治療方法は、症状の軽減や管理を目指すものです。ここでは、治療方法や自然治癒が可能かについて解説したいと思います。

医療機関で治療を受ける

萎縮性膣炎(老人性膣炎)の主な治療方法としては、

  • 内服剤
  • 貼付剤
  • 膣錠
  • クリーム

などの投与があります。医療機関にて状態に応じたものを出してもらうようにしましょう。数日〜2週間程度で回復に向かいますが、重症である場合は1ヶ月程度の時間を要することもあります。

自然治癒はできるのか?

萎縮性膣炎(老人性膣炎)は自然治癒や市販薬による治療で治るものではありません。この症状の主な原因は、エストロゲン(女性ホルモン)の減少によるものであるため、持続的な治療が必要になります。放置せず、医療機関で適切な治療を受けるようにしましょう。

名器形成(膣ヒアルロン酸)は萎縮性膣炎(老人性膣炎)に効果がある?

萎縮性膣炎がアクティブな状態で膣ヒアルロン酸注入による名器形成を行うと、炎症を悪化させてしまう恐れがあります。
ですが、治療が落ち着いた段階や、萎縮にまで至っていない段階では、予防的効果や症状改善効果が望めます。ヒアルロン酸の保水力によって、膣の壁に潤いをもたらすことが期待できるためです。

萎縮性膣炎(老人性膣炎)の日常的な対策

コラム37-9

萎縮性膣炎(老人性膣炎)は年齢を問わずにかかる疾患となってきました。よって、日頃からの対策も重要です。萎縮性膣炎(老人性膣炎)の予防や緩和のためにも試してみてください。

性交痛がある時は潤滑剤などを使用

更年期以降から性交渉が苦痛になったと感じる女性は少なくはありません。性交痛が長引くと、「性交渉=痛いもの」のように体が学習し、悪化してしまうことも考えられます。そのため、萎縮性膣炎(老人性膣炎)の治療をしていても、心因的な問題で性交痛になる原因を解消するのに別の治療が必要になるケースもありえるでしょう。

また、コンドームが膣を傷つける原因となることもあります。痛みやかゆみを感じるようになるのは、コンドームでゴム擦れを起こしやすいことが原因です。
ですが、これらの問題は、潤滑剤と併用することで解消される可能性もあります。コンドームの使用で痛みやかゆみの頻度が高い方は、パートナーと相談してコンドームの素材の吟味や潤滑剤なども検討すると良いかもしれませんね。

デリケートゾーンを洗いすぎない

意外に思われる方もいらっしゃるでしょうが、デリケートゾーンを洗いすぎることは膣周りの健康によくありません。というのも、膣には菌のバランスによって自浄作用が働いています。ですが、デリケートゾーンを洗いすぎると自浄作用が崩れて、膣炎になり、それを洗うことで悪化するという循環に陥ることも考えられます。

デリケートゾーンの適切なケア

生理用品や下着による摩擦、脱毛や除毛によって乾燥の出やすい部位であるため、デリケートゾーンもお顔と同様に適切なケアが必要です。デリケートゾーン用の洗浄用品を使用したり、お風呂上がりにデリケートゾーンを保湿するなどのケアは乾燥以外にも黒ずみのケアにもなります。積極的にデリケートゾーンをケアしましょう。

デリケートゾーンの蒸れを防ぐ

デリケートゾーンは蒸れやすい部位です。蒸れることは潤うことのように思われるかもしれません。ですが、デリケートゾーンは蒸れると膣炎の原因となる細菌やカンジダ菌が増えやすい環境になります。
蒸れを防ぐには、

  • 通気性のよい下着や衣類を着用する
  • 自分の肌に合った下着を選ぶ
  • ピッタリとした衣類は長時間着用を控える
  • おりものシートなどはこまめに交換する

といったことがあげられます。これらの方法は、無理なく続けていくことが大切です。

まとめ

コラム24-4

閉経後の女性がかかるとされている萎縮性膣炎(老人性膣炎)。最近では若い世代の方もかかりやすく、早いうちからの膣ケアが重要になってくるでしょう。ぜひこの機会にデリケートゾーンのケアを始めてみてはいかがでしょうか。
また、ヴェアリークリニックでは、名器形成(膣ヒアルロン酸)で性交痛や膣の乾燥対策といったことも行っています。人には言いにくい悩みを下半身専門クリニックへ相談にいらしてください。

この記事を監修した医師

ヴェアリークリニック院長

井上 裕章

医師プロフィール

東大医学部卒業後、外科専門研修を修了し、外科専門医を取得。その後、性器・生殖器官や大腸肛門を含む骨盤臓器、および下肢の疾患を専門に外科診療にあたっているうちに、下半身の美容的な悩みを抱える患者さんの相談を多く受けるようになる。しかし、下半身美容を専門的かつ総合的に診療している美容医療機関は存在せず、それぞれの分野に分かれて別個に診療されていることを知る。それでは、最善の治療が提供できないと考え、各分野の美容系クリニックでの修練を重ねたのちに、自らの骨盤臓器と下肢に対する外科治療の経験および知識を生かして、下半身に関する総合的かつ専門的な美容医療を提供するため、veary clinic を開設した。