更年期における性交痛とは?痛みの原因や対策方法について

2022.09.13

  • 女性器形成

この記事を読んでいるあなたは

  • 40代を超えてから性交痛がひどくなった
  • 更年期障害と性交痛の関係について知りたい
  • 更年期における性交痛の改善が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事ではそんなあなたに「更年期における性交痛とは?痛みの原因や対策方法について」をお伝えしていきます。

性交痛とは?

コラム17-1

性交により発生する痛みの総称で、挿入時や挿入後に動かした際に、また、性交後に痛みを感じることを指します。

痛みは「入口部(膣の入り口)」と「深部性(膣の奥)」に分かれていて、それぞれに原因があります。

今回は、性交痛と更年期の関連についてお話しします。

更年期性交痛の症状

コラム17-2

性交痛には、下記のような症状が挙げられます。

体の様子に近いものでお困りごとがありましたら、ぜひご相談ください。

膣内の乾きや収縮

更年期では、膣内が乾きやすく、また、収縮もしやすいため、萎縮性膣炎になる方もいます。

  • 灼熱感・乾燥感
  • 掻痒感
  • 圧迫感
  • 不快な臭いや色のあるおりもの
  • 性交痛

のような症状を伴うことが多く、悪化させる要因として、

  • 石鹸でゴシゴシ洗う
  • ビデを多用する
  • 密着しやすい衣服が多い
  • 通気性の低い下着が多い

などがあります。

自覚症状があり、上記に心当たりのある方は、少しでもいいので減らしていただけるとデリケートゾーンに優しいですね

外陰部などの痛み

膣の分泌液が減少するため、更年期前よりも腟潤滑が悪い状況になりがちです。

うるおいが少ない状態で無理矢理動かすと、傷ができて出血することもあり、そこから雑菌が入って悪化してしまうことも考えられます。

また、元々皮膚の薄いデリケートゾーンですが、更年期に入るとより薄くなりやすい上、一度切れた場所は弱くなることは多く、ちょっとした刺激でまた切れやすいので、注意が必要です

感染症による痛み

外陰部に炎症があると、性行為時にも痛みを感じやすくなります。

膣内が乾きやすくなると感染症にもかかりやすく、頻繁に膀胱炎を繰り返して完治しないことも多いです。

膀胱炎は女性がかかりやすい疾患の1つですが、他にもバルトリン腺嚢腫トリコモナス膣炎などの感染症になりやすくなります。

更年期へ入ったら衛生面や保湿により気を配っていきましょう

更年期における性交痛の原因

コラム17-3

性交痛は場合によって、パートナー様との関係が悪化したり、悪化とまではいかなくともパートナー様への罪悪感で不安を感じる方も多いと思います。

ここでは、更年期で起こる性交痛の原因を紹介します。

女性ホルモンの低下

前述した通り更年期は、卵巣の機能が徐々に低下し、女性ホルモンも最終的には下がっていきます

女性ホルモンが低下すると膣の部分の潤滑液などが分泌されにくくなり、物理的な摩擦に耐えられなくなるため、濡れにくい・挿入時に痛みを感じるというようなことが増えてくるのです。

皮膚のハリや弾力の減少

皮膚のハリや弾力とも密接な関係にあるのが、女性ホルモン。

更年期を迎え、女性ホルモンの分泌される量が減ってくると、肌のコラーゲンや皮脂量が減少、ハリや弾力・ツヤが失われるようになります

実はこの状態、お顔だけでなく、女性器周辺にも現れます

ヒリヒリと痛んだり、性行為の際に切れやすくなったりするのは、お顔と同様にデリケートゾーン周りのお肌が乾燥で刺激に対して弱くなっているためです。

また、それまでふかふかのクッションのように膨らんでいた膣内が少しずつ薄くなっていき、弾力は減少していきます

膣内が硬くなると出血炎症かゆみといった症状を感じるようになり、性行為の際にも痛みを感じて最後までできなくなったという方も少なくはないでしょう。

このようにコラーゲンや皮脂量の減少は、体全体に及んでいるものです

その他にも性交痛とは関係ありませんが、尿道付近の筋肉が硬くもしくは、緩くなり、頻繁な尿意や尿モレを体感する方も増えてきます。

婦人科系の疾患

ずっしりと重い痛みを下腹部に感じる、濡れるのに痛いという場合には、以下のような婦人科系の感染症や炎症の疑いがあります。

  • 子宮内膜症
  • 子宮筋腫
  • 子宮がん
  • クラミジア感染症
  • カンジダ外陰腟炎

上記のような病気の自覚症状は性行為の痛み以外にも、

  • 性行為以外でも痛む
  • 排尿や排便の際に痛みを感じる
  • 生理痛が重くなった
  • 痛みの時間が長い

などが挙げられます。

自覚症状が出てきたときには、念のため、病院で診療を受けるようにしましょう

心理的要因

感情は痛みの感じ方に大きな影響を与えます。

パートナー様へ大きな怒り悲しみといった気持ちが増えたり、軽度の不快感により強い痛みへと感じるようになったりと辛いことも多いことでしょう。

その結果、筋肉が緊張によって硬くなり、性行為をしたくないという気持ちが強くなる女性は少なくはないと思います。

更年期性交痛の対策

コラム17-4

膣やデリケートゾーンのうるおい不足対策をご紹介いたします。

名器形成・Gショット

どちらも当院で施術できますので、ぜひご相談ください。

名器形成

ヒアルロン酸を膣の粘膜下に注入すると、膣内の乾きや収縮の改善を期待できます

  • ご自身の感度を増したい
  • 乾燥による痛みを軽減したい
  • パートナー様により気持ちよくさせたい
  • 頻尿・尿漏れを軽減したい

などの患者様のご希望に合わせて、膣全体で狭くしたい場所や隆起させたい場所を決めて施術いたします。

また、注射だけの治療なので、痛みもほとんどなく治療時間も短時間ダウンタイムがほとんど要らないこともメリットです。

日常生活でも乾燥からくる痛みが気になる方にもおすすめしています。

名器形成ボタン

Gショット

Gスポットにヒアルロン酸を注入し、膨らませることで、

  • 自身の感度を増す
  • 濡れやすくなる

といったことが期待できます。

どのくらい隆起させると十分な効果が得られるかは個人差がありますので、注入量は事前診察の時にご説明いたします

こちらも名器形成同様、注射だけの治療なので、治療時間もダウンタイムも短時間で、痛みも少ない施術です。

後述する潤滑剤を使用しても痛いという方にもおすすめしています。

Gショットボタン

潤滑剤の利用

性行為の度に塗ることが手間になりやすいですが、うるおいを補い、挿入を滑らかにしてくれるので、潤滑剤もおすすめしています。

ローションとはどう違うの?というお声もいただきますが、ローションはマッサージでの使用を想定して作られたアイテムです。

ローションは、

  • 油分が多いためシャワーで流しても落ちにくい
  • 敏感肌の方はお肌にトラブルが出る可能性がある
  • ヌルヌルとした感触が気持ち悪い

といったこともあるので、うるおいを保つ機能を持った「潤滑剤・潤滑ゼリー」を選ぶようにしましょう。

ホルモン療法

更年期を迎え、減少していくエストロゲンを補充する療法です。

当院での取り扱いはないのですが、更年期障害の根本治療を目的とした治療であるため、更年期の様々な不調に対してアプローチできます。

ご自身の解決したいお悩みに合わせて、保険適用自費診療かを選択すると良いでしょう。

まとめ

コラム17-5

膣の乾燥・収縮のお悩みは、更年期を迎えた女性からお聞きすることも少なくはありません

  • パートナー様に申し訳ない
  • 痛いのを我慢している
  • パートナー様とぎこちなくなった

などお悩みがありましたら、当院でお聞きし、患者様に合わせた改善や対策方法のご提案をいたします

この記事を監修した医師

ヴェアリークリニック院長

井上 裕章

医師プロフィール

東大医学部卒業後、外科専門研修を修了し、外科専門医を取得。その後、性器・生殖器官や大腸肛門を含む骨盤臓器、および下肢の疾患を専門に外科診療にあたっているうちに、下半身の美容的な悩みを抱える患者さんの相談を多く受けるようになる。しかし、下半身美容を専門的かつ総合的に診療している美容医療機関は存在せず、それぞれの分野に分かれて別個に診療されていることを知る。それでは、最善の治療が提供できないと考え、各分野の美容系クリニックでの修練を重ねたのちに、自らの骨盤臓器と下肢に対する外科治療の経験および知識を生かして、下半身に関する総合的かつ専門的な美容医療を提供するため、veary clinic を開設した。