膣縮小手術の効果と問題点

2022.05.02

  • 女性器形成

この記事を読んでいるあなたは

  • 膣縮小手術ってどんな手術?
  • 膣縮小手術の効果について知りたい。
  • 膣縮小手術の問題点について知りたい。

上記のように考えているかもしれません。

膣のゆるみと膣縮小手術

色とりどりの花で表現された女性器

当院でも多く寄せられる相談の一つに、「膣がゆるい」というものがあります。

これは、ご自身の体感やパートナーから指摘によって気がつくことも多く、実際にゆるいかどうかは、ご自身の体感に加えて、医師による診察、客観的な指標として膣圧の数値、といったもので評価することが可能です。

評価の結果、実際にゆるいということが分かり、またそれがご自身の中で問題になった場合は手術で治療ができます。

それが今回ご紹介する、「膣縮小手術」です。

膣縮小手術の注意点

ソファーに横になってお腹に手を当て、痛みに耐える女性

この手術は、膣粘膜にメスを直接入れ、たるんだ膣壁を縫い縮める手術です。

効果は半永久的に続くため、この術式をご希望される方も多いのですが、非常に重要な注意点が2点あります。

伸縮性は改善されない

まず一つ目は、縫い縮めることにより、膣内腔は確かに狭くなりますが、膣粘膜の本来持っている伸縮性は失われたままであるということです。

例えていうなら、伸びた輪ゴムを切って短くし、それをまた円を作って結んでいるような状態が作られていることになります。

膣内腔が狭くなることで出産時に影響が出る可能性があるため、将来的に出産する可能性のある方には行ってはいけない手術です。

また、伸縮性が失われているままなので、性交痛の新たな原因になる可能性もあります。

手術前より悪化する可能性がある

もう一つが、粘膜面のなめらかさといった質感は治療前よりも悪化してしまう可能性があります。

膣縮小手術は、粘膜及びその下層にある筋層に傷をつける手術です。

創傷治癒の過程で、瘢痕化や萎縮を起こしてしまい、乾燥しやすくなったり、湿潤性が失われ、こちらも性交痛の原因になる可能性があります。

膣縮小手術まとめ

股間に虫眼鏡を当てる女性

以上のことから、膣縮小手術はそれなりに知られている手術ではありますが、適応は非常に限られた手術だと知っておく必要があります。

  • 今後出産をする可能性がある
  • 粘膜の質を落としたくない

こうした方には、お勧めできない手術となっていますので、ヒアルロン酸に代表される注入治療をご検討ください。

この記事を監修した医師

ヴェアリークリニック院長

井上 裕章

医師プロフィール

東大医学部卒業後、外科専門研修を修了し、外科専門医を取得。その後、性器・生殖器官や大腸肛門を含む骨盤臓器、および下肢の疾患を専門に外科診療にあたっているうちに、下半身の美容的な悩みを抱える患者さんの相談を多く受けるようになる。しかし、下半身美容を専門的かつ総合的に診療している美容医療機関は存在せず、それぞれの分野に分かれて別個に診療されていることを知る。それでは、最善の治療が提供できないと考え、各分野の美容系クリニックでの修練を重ねたのちに、自らの骨盤臓器と下肢に対する外科治療の経験および知識を生かして、下半身に関する総合的かつ専門的な美容医療を提供するため、veary clinic を開設した。