乳首の黒ずみ対策!ピンク色に近づける方法やケアをご紹介

2024.01.29

  • フェムテック

この記事を読んでいるあなたは

  • 乳首の色が黒いのはなぜ?
  • 乳首が黒ずむ原因が知りたい
  • 乳首をピンクにする治療やケアが知りたい

上記のように考えているかもしれません。

乳首の色が黒いのはなぜ?

コラム38-3

温泉やサウナで他の方と比べて自分の乳首の色が黒っぽいのではないかとお悩みの方もいらっしゃると思います。誰にも相談しにくいお悩みだからこそ、乳首の色がおかしくないか、キレイに見えなくて辛いと悩んでいませんか?

ここでは乳首が黒くなる要素であるメラニンを中心にお話したいと思います。

そもそもメラニンとは?

メラニンは、髪の毛や皮膚、瞳の色を決定する要素の1つです。

そのメラニンはいくつかの種類がありますが、主に2つの種類に分けられます。

  • ユーメラニン:茶色〜黒色を生み出す
  • フェオメラニン:黄色~赤色を生み出す

これらのバランスによって、肌や髪、瞳の色が変わってきます。同じように見える黒い髪の毛も茶色に見えたり、赤みを帯びていたりするのはこのためです。

また、メラニンは紫外線からのダメージを軽減する役割を果たしています。日焼けやシミのせいで悪者のように思われるメラニンですが、メラニンが少ないと炎症や皮膚がんの発症リスクが高くなると言われています。

乳首がピンクになるかは遺伝で決まる

元からある肌の色と同様に乳首の色も、ある程度遺伝によって決まっています。日本人はユーメラニンの割合が多く、乳首やワキ、デリケートゾーンといった部位が黒っぽくなる傾向にあります。

乳首の黒ずみ=男性経験が多い「ではない」

勘違いされている方もいらっしゃいますが、乳首の色が濃いからといって男性経験が多いとは限りません。そして、男性経験の多さと乳首の黒さは関係ないです。遺伝の要素が大きい他、後述する原因によって黒くなるとされています。

乳首の皮膚は黒ずみが目立ちやすい

乳首の皮膚はとても薄く、デリケートな部位です。

乳首が黒ずむ後天的な原因

コラム25-2

生まれた時や小さい頃の乳首はピンクだったのに、年齢を重ねていくと乳首が黒ずむようになるのはなぜと疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。実は、遺伝子の他にも後天的なことが原因で、乳首が黒ずむようになります。ここではその原因について触れていきます。

女性ホルモンの影響

女性ホルモンが活発になる思春期以降になると、乳首は黒ずむようになるのが一般的です。同様に、デリケートゾーンやワキも同じように黒ずみが目立ちやすくなります。これは自然な生理現象であり、多くの女性が経験するものです。

また、女性ホルモンが大きく変化するタイミングとして、

  • 妊娠や出産
  • 更年期
  • ホルモンバランスの乱れ

などがあげられ、一時的に黒ずみが目立つようにもなります。ですが、これらには個人差があるため、具体的な数値として把握されているわけではありません。

下着などの圧迫や摩擦による刺激

適切なサイズでない下着や過度な運動は、乳首の黒ずみの原因となります。胸への圧迫や摩擦が生じやすくなるためです。そうした刺激に耐えようとメラノサイトを活性化し、肌はメラニンの生成を促進したり、表皮が厚くなるといったことが起こります。

炎症

乳首が黒ずむ原因として、皮脂の過剰分泌による炎症が考えられます。乳首には多くの皮脂腺が存在し、皮膚に皮脂を分泌する役割を担っています。皮脂は、肌を保湿・保護し、肌の健康にとっても重要なものです。ですが、何かのきっかけで皮脂の分泌バランスが崩れることもあります。

そのため、外部からの刺激に敏感な状態になり、下記のような病状が生じます。

  • 肌の乾燥
  • かぶれ
  • かゆみ
  • 赤み

また、乳首はもともと皮膚が薄く、皮膚のバリア機能が比較的弱い部位です。こうしたことから色素沈着が起こり、だんだんと乳首がくすんでいくようになります。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーの乱れも乳首が黒ずみやすくなる原因です。

通常、刺激や炎症などが原因で生成されたメラニンは、古くなった皮膚細胞とともに体外へ排出されます。これが肌の新陳代謝、俗に言う「ターンオーバー」の過程です。しかし、ターンオーバーのサイクルに乱れが生じたり、肌に長期間刺激が加わり続けると、メラニンの適切な排出が阻害されます。その結果、メラニン肌の奥深くに留まり、次第に「色素沈着」と呼ばれる現象が生じます。

さらに、年齢とともに肌のターンオーバーが乱れやすくなるため、黒ずみが目立ちやすくなる要因とされています。加齢によりターンオーバーが遅くなることで、肌の表面に古い角質やメラニンが残りやすくなり、それがくすみや黒ずみとして現れることがあります。

本格的に乳首をピンクにする治療

コラム31-1

普段のケアだけでは改善の難しい「乳首の黒ずみ」でお悩みの方に、おすすめの治療を紹介します。

ピンクインティメイト

VIOラインを始めとする色素沈着が出やすい部分の黒ずみを改善へと導く医療用のピーリング剤です。もちろん乳首や乳輪も適応部位となりますが、

  • 鼠蹊部
  • ワキ
  • ひじ
  • ひざ
  • くるぶし

などにも使用できます。

ピンクインティメイトは、上記のような皮膚が薄く敏感な部位にも使用できるように成分を配合しています。そのため、その他のピーリング剤と比較しても肌に優しくアプローチして、ダウンタイムが少ないことが特徴です。

主に以下のような成分が配合されています。

  • クロロ酢酸:肌を引き締める
  • コウジ酸:メラニンの生成を抑える
  • バイオ刺激因子:皮膚の再生を活性化する
  • ビサボロール:皮膚を柔らかくする

これらの成分が、肌のトーンを明るくし、新たな黒ずみを予防します。

このピンクインティメイトは、ヴェアリークリニックでも取り扱っています。気になる方はぜひ無料カウンセリングにて、ご相談ください。

レーザー治療

乳首や乳輪にレーザーを照射して改善する治療です。この治療方法は、シミやそばかすの治療にも使用されていますが、乳首や乳輪が適応部位になるレーザーもあります。レーザーを照射することで、メラニン色素が徐々に分解・排出され、乳首や乳輪の黒ずみが改善していく仕組みです。この治療は、日光や加齢によって生じる色素沈着を軽減し、肌を均一で明るいトーンに整えることが期待できます。

様々なクリニックがこの治療を提供しており、各クリニックで異なるメーカーの機器を使用していることがあります。それに伴い、改善までの施術回数や費用などもクリニックによって異なります。

※レーザー治療は、ヴェアリークリニックでの取り扱いはありません。

乳首をピンク色に保つ黒ずみケア

コラム38-6

自身の理想とするピンク色を保つには、治療後も乳首の黒ずみケアで対策することが大切です。日常生活でできる黒ずみケアも紹介するので、参考にしてみてください。

下着を見直す

シルクやコットンなどの肌に優しく、慢性的な刺激を軽減する下着を選ぶように心がけましょう。硬い繊維でできた下着を着用すると、摩擦による刺激が大きく、肌に負担をかけてしまいます。

そして、下着のサイズも重要です。適切なサイズを選ぶことで黒ずみのリスクは軽減できます。特にジョギングなど激しい運動をされる方は、適切なスポーツブラを使用することも大切です。黒ずみ以外にも乳房が垂れる原因となるため、気になる方はサイズのあった下着を選ぶようにしてください。

強く洗わない

乳首はもちろん、皮膚を洗う際は優しく、強い刺激を与えないようにしてください。強い摩擦は色素沈着の原因です。体を洗う時のスポンジやタオルの素材も、できれば肌に優しいものを選びましょう。

バストのスキンケアを行う

入浴後、お顔と同じようにスキンケアを行いましょう。この際、アルコール成分が含まれているものを使用すると、乾燥気味の方は乾燥が悪化する可能性があります。具体的には、エチルアルコール(エタノール)が有名かもしれませんね。スキンケア商品をつけて、ヒリヒリ・ピリピリしたり、痛みを感じた場合には、ノンアルコール製品を選ぶようにしてください。

また、スキンケアをしたあとは、すぐに下着をつけるのはやめましょう。下着がしめって蒸れてしまうため、化粧水やクリームが乾いてから着用するとよいです。

まとめ

コラム39-2

乳首の黒ずみは、個人差のあるものです。先天的なものから後天的なものまでさまざまな原因があります。まずは日常生活でできるケアで軽減することから始めてみましょう。

そうしたケアで改善が難しい、これだけ黒いのは自分だけかも知れないとお悩みの方はぜひ、ヴェアリークリニックで相談へいらしてください。無料のカウンセリングも行っています。

この記事を監修した医師

ヴェアリークリニック院長

井上 裕章

医師プロフィール

東大医学部卒業後、外科専門研修を修了し、外科専門医を取得。その後、性器・生殖器官や大腸肛門を含む骨盤臓器、および下肢の疾患を専門に外科診療にあたっているうちに、下半身の美容的な悩みを抱える患者さんの相談を多く受けるようになる。しかし、下半身美容を専門的かつ総合的に診療している美容医療機関は存在せず、それぞれの分野に分かれて別個に診療されていることを知る。それでは、最善の治療が提供できないと考え、各分野の美容系クリニックでの修練を重ねたのちに、自らの骨盤臓器と下肢に対する外科治療の経験および知識を生かして、下半身に関する総合的かつ専門的な美容医療を提供するため、veary clinic を開設した。