包茎は治す必要がない?治療の必要性や包茎のリスクについて

2022.11.11

  • 男性器形成

この記事を読んでいるあなたは

  • 包茎に原因はあるのか?
  • 包茎のままでリスクはないのか?
  • 包茎治療は本当に必要?

上記のように考えているかもしれません。

この記事ではそんなあなたに「包茎は治す必要がない?治療の必要性や包茎のリスクについて」をお伝えしていきます。

包茎の原因

コラム21-1

包茎は、

  • 嵌頓包茎
  • 真性包茎
  • 仮性包茎

の3つに分類され、いずれも男性器の亀頭部分が包皮で覆われた状態です。
ここではそれぞれの包茎の原因を紹介します。

嵌頓包茎

嵌頓包茎は、包皮の入り口が狭く、包皮を剥いた際に、亀頭の根元が締め付けられてしまう状態のことを言います。

無理矢理包茎の状態を解消したり、亀頭を露出したまま放置すると、血流障害を起こしてしまう可能性があるため、包茎状態から剝くときは戻すことも忘れないでください。

真性包茎

真性包茎は、生まれつきのものである「先天性」と長期間に渡る包皮への刺激、または炎症を繰り返すことで包茎になる「後天性」があります。

新生児の時にはほぼ100%の子供が真性包茎ですが、年齢が上がっていくにつれて真性包茎の割合は少なくなっていくものです。

通常時も勃起時も全く亀頭を露出できない状態であり、包皮口が狭いことや亀頭と包皮の間の生理的癒着が原因とされています。

仮性包茎

仮性包茎は、包皮を手で簡単に剥くことのできる状態です。

先天性の可能性としては、遺伝子的に包皮が多い方が仮性包茎になりやすいとされています。

後天的には、体重が増加したことで腹部の皮膚が伸びたり、加齢により陰茎自体が萎縮することで包皮に緩みが出てしまうことが原因です。

種類別の包茎リスク

コラム21-2

日本人男性の約8割が包茎、更にその中の約6割が仮性包茎と言われるくらい日本人男性にとって包茎は身近なものです

包茎はそのまま放置していても問題が無いように思われますが、それは包茎の種類によります。

ここでは包茎の種類別にリスクを解説します。

嵌頓包茎

亀頭をそのまま露出させていると、言わば首が締められている状態に近いので、循環障害が起こる危険性が高まります

その結果、包皮口がパンパンに腫れ上がった見た目になり、生殖機能や排尿に問題を抱えてしまう原因にも…。

そのまま包皮を戻すことができなければ陰茎組織は壊死する恐れがあり、亀頭は露出している状態ですが、医学的には大変危険な状態です。

真性包茎

亀頭と包皮の間が洗えないため、細菌や真菌ウイルスが繁殖しやすい状態であることから、

  • 亀頭包皮炎
  • 尿路感染症
  • 性感染症

を誘発する可能性もあります。
痛みやかゆみ、赤みや皮がめくれるといったトラブルを繰り返すことで包茎が悪化したり、膀胱炎や腎盂腎炎にかかり、腎盂腎炎の場合だと命にかかわる危険性も孕んでいます

また、清潔な状態を保つのが難しく臭いも強めなことに加えて、亀頭が露出しないので円滑な性交渉になりにくく、コンプレックスを抱えて自信をなくされる方もいます

仮性包茎

上記2種と比較すると、リスクらしいリスクがありません。

きちんと亀頭と包皮の間を綺麗にできれば、衛生面は問題ありませんが

  • 毛が巻き込まれて痛みを感じる
  • 排尿がしずらい
  • 尿が包皮に溜まる
  • コンドームが外れやすい

というようなデメリットを感じる方も多いかと思います。

また、包皮が長い方は洗いにくいことから、臭いが気になるという方もいらっしゃいます

仮性包茎は哺乳類として正常?

コラム21-3

仮性包茎が異常であるように捉えられがちですが、哺乳類の陰茎は仮性包茎であるか、体内に埋め込まれている状態がほとんどとなっております。

仮性包茎も露出している場合もどちらも正常ですが、感度などに大きな違いはあるのかという疑問があるかもしれません。

これに関しては様々な研究結果が出ており、感度の正確な判別は不明です

ただ、露出した陰茎の方が、性感染症のリスクが軽減する可能性があります

というもの、米国立衛生研究所(NIH)や米ワシントン大学の共同研究チームが、陰茎包皮の下に生息する一部の嫌気性細菌に最大で63%もHIVの感染リスクを上昇させる研究が報告されています。

参考URL:https://www.scientificamerican.com/article/penis-microbes-linked-to-increased-risk-of-hiv-infection/

基本的には、コンドームを着用することや清潔に保つことが大前提ではあります。

しかし、包皮に覆われていない方が、

  • 亀頭粘膜が角質化し、微細な傷がつきにくくなる
  • 亀頭が空気にさらされると、病原体が生き残りにくくなる
  • 包皮に相手の体液が残りにくい

などの理由からウイルスに感染しにくいようです。

包茎治療の必要性

コラム21-4

包茎は本当に治療しなければならないのかを前述を踏まえた上で、包茎の種類別に解説いたします。

嵌頓包茎

嵌頓包茎は、包茎3種の中でも治療推奨レベルが最も高く、治療は必須です。

前述した通り、循環障害により陰茎組織が壊死し、重症化の場合は切断ということもあり得るので、露出した亀頭を自身で戻せなくなった場合には、すぐに病院で治療を受けましょう。

真性包茎

真性包茎は今日明日で焦って治療をする必要はありません

しかし、衛生面での問題を抱えやすいことから自身やパートナー様のためにも治療を推奨しています。

急ぐ必要はないため、下調べやカウンセリングで慎重にクリニックを決めて治療をしましょう

仮性包茎

実のところ包茎は、真性包茎と嵌頓包茎は疾病扱いですが、仮性包茎は医学的な定義はありません。

よって、仮性包茎は医学的に治療は要らない…ということになりそうですが、

  • 仮性包茎が原因で亀頭包皮炎になりやすい方
  • 見た目が気になって自信が持てない
  • 排尿時や性交渉時に支障がある
  • 仮性包茎を治したい

という方は、治療をおすすめしています。

生活する上で不便さを感じていたり、コンプレックスを抱えている時には治療を検討してみてください

まとめ

コラム21-5

包茎は種類別に治療の必要性が異なります。

しかし、共通して言えるのは、自分自身が困っていたら相談しにきて欲しいということです

ヴェアリークリニックでは、カウンセリング無料となっております。

ご自身の状態がどの包茎なのかはもちろん、患者様に合わせた治療プランの提供や、疑問に思ったことに対してとことんお答えしています。

困ったことがありましたら、気軽にクリニックへいらしてください

この記事を監修した医師

ヴェアリークリニック院長

井上 裕章

医師プロフィール

東大医学部卒業後、外科専門研修を修了し、外科専門医を取得。その後、性器・生殖器官や大腸肛門を含む骨盤臓器、および下肢の疾患を専門に外科診療にあたっているうちに、下半身の美容的な悩みを抱える患者さんの相談を多く受けるようになる。しかし、下半身美容を専門的かつ総合的に診療している美容医療機関は存在せず、それぞれの分野に分かれて別個に診療されていることを知る。それでは、最善の治療が提供できないと考え、各分野の美容系クリニックでの修練を重ねたのちに、自らの骨盤臓器と下肢に対する外科治療の経験および知識を生かして、下半身に関する総合的かつ専門的な美容医療を提供するため、veary clinic を開設した。